▼ダイビングを学ぼう

ダイビングとシュノーケリング3点セット

ダイビングとシュノーケリング3点セット ダイビングはアクアラングと呼ばれている酸素ボンベを利用して水中での散歩を楽しむことが出来ると言う魅力が在りますが、ダイビングの機材の中にはシュノーケリングを楽しむ時に利用するマスク、フィン、シュノーケルと言うシュノーケリング3点セットが含まれています。
シュノーケリングと言うのは酸素ボンベを使わずに水面を自由に泳ぎ回り、時には水中を潜ってマスク越しに水中に生息する生物や魚、サンゴなどの観賞を楽しむことが出来るマリンスポーツの一つで、ライセンスなどの資格がない人でも楽しめる事からも人気を高めています。
ダイビングは水中での行動を中心としたマリンスポーツであり、水圧による減圧症と言う症状が起きてしまうケースが在ります。
減圧症と言うのは命にかかわるものであり、冷静な判断力や知識が必要になります。
ダイビング終了後に飛行機に搭乗することで気圧の変化により減圧症を患う事かが在る事からも、飛行機に搭乗する予定の日には水中散歩は控える必要が在ります。
しかし、シュノーケリングと言うのは酸素ボンベを使って行うものではないため、飛行機に搭乗する予定の時でも楽しめると言うメリットが在ります。
そのため、飛行機に搭乗して帰路に時などはシュノーケリングがお勧めです。

ダイビングの酸素ボンベと短時間で楽しむ時

ダイビングを楽しむ時の酸素ボンベにはスチール製とアルミ製の2種類が在り、スチール製の方が若干軽くなっています。
但し、酸素ボンベの重量を感じるのは陸上にいる時のみであり、ダイビングを始めるためにエントリーをした瞬間から酸素ボンベの重さなどが一切感じなくなると言った特徴が在ります。
また、ダイビングの酸素ボンベには8リットル、10リットル、11リットル、12リットル、14リットルと言った種類が用意されており、8リットルなどの酸素ボンベは短時間で楽しみたい時などに便利な容量になっています。
尚、酸素ボンベの消費量と言うのは経験に応じて変わるのが特徴で、初心者の場合は呼吸の仕方に慣れていないため、多くの酸素を短時間で使ってしまいますが、経験を積むことで呼吸の仕方も上達し、同じタンク容量の酸素ボンベを利用して行っても、より長い時間ダイビングを楽しめるなどのメリットに繋がります。
また、酸素ボンベの消費量は水深によっても変わる事になりし、深い場所に潜る事で浮上するまでの間の減圧が必要になるためより多くの酸素が必要になるなどの特徴が在ります。
尚、減圧と言うのは肺の中に入っている気泡を、水深に応じた大きさに戻すもので在り、減圧をきちんと行う事が重要です。